怪日本語を操る妖怪小僧との戦記

バイリンガル教育を受け怪日本語を操る妖怪となった我が子。母はにわか教師となって戦いを繰り広げる。果たして母に勝算は・・・

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外郵便も縦書き!( ̄Д ̄;)

すっかり松の内も明けてしまいましたが、今年初の投稿と言う事でご挨拶をば、

今年もゆるりとマイペースで行きますが
よろしくお願いします。


さて、年末年始は妖怪達がべったり家庭にはびこる冬休み。仕事家事とも年末年始で大忙しのワタシとしては、妖怪達のしたい放題を横目に放置しておった次第です。

そしてやっぱり事件は起こったのでした。

年賀状は確かに日本のもので、住所は縦書き。しかし、海外郵便にそれを適用してしまうとはあんまりではありませんか!(T△T) 

縦書き年賀状

そう言えば、日本語の読み書きパーフェクトな、純日本人といっても過言でない日系アメリカ人の知り合いが初めて日本に行った時、食堂でカレーが出て来て迷わず箸を手に取ったそうだ。
「だって御飯でしょ。箸で食べるもんでしょう?」と日本の風習に合わせてるつもり。なぜ回りが爆笑してるのか暫く解らなかったとか。
「だって葉書でしょ。縦に書くものでしょ?」何て言われてもねぇ┐( ̄ー ̄)┌

バイリンガル教育をしていてつくづく思うのは、言語といものは語学ではなく文化なんだと言う事。現状ではバイリンガルと言っても、それぞれの言語圏でどのくらいの社会性があるのかは大きな疑問です。それ故に、まだまだニンゲンにはなれない妖怪なんですけどね。(;´д` )バイリンガルだけではなく、バイカルチャーになるまでしっかり学んでほしいと思う母なのでした。

2013年も複雑奇怪な年になりそうです。

にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ぽちっとしてね!
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

複雑奇怪な浪速っ子

作者:複雑奇怪な浪速っ子
夫はアメリカ人、2人の子供達はバイリンガル、2匹の犬はバウルンガル。家族に正しい日本語を身につけてもらおうと、日々バトルを繰り広げています。

Twitter

Follow yoshimitropp on Twitter

最新記事

カウンター

訪問者数

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
7191位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
語学・英会話
1275位
アクセスランキングを見る>>

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。